Lighted Darkness
 −contact point−



店に戻るとロバートは少し陽気になっていた。
サラとイゼルの顔を見るなり、「少し遅かったんじゃないか?寂しかったぞ、俺は」と言ってきた。
そして、隣に座ったイゼルに…絡んだ。
「サラを守るのは、俺とお前の役目だぞ!」
「何を言ってるんだ」
サラがロバートの言葉に苦笑しつつ反応する。
「手紙の奴だけじゃない。サラを狙ってる輩は大勢いるんだ。俺らが守っても問題はないだろ?なぁ、おやっさん?」
「そうだなぁ、ロバートはともかく先生なら安心だな」
「それは、ありがとうございます」
イゼルがゲイルに答えると、ロバートがすかさず反応する。
「ロバートはともかく≠チて何だよ」
「まぁ、まぁ…気持ちは嬉しいが、大丈夫だ」とサラはロバートの発案をやんわりと断った。
「サラ〜、俺は心配して」
そこで、ロバートがいきなりカウンターに突っ伏した。
サラとゲイルは思わず、ギョッとしてロバートを見た。
「・・・電池切れか・・・」
やれやれといった風にイゼルがサラに問いかける。
「こいつを今夜、泊めても…?」
サラはゲイルの顔を見た。ゲイルは全く意に介さないようで快く承諾する。
「あぁ、構わねえよ。サラ…両方出したんだろ?」
「あぁ」
「じゃあ、片方使わしてやれ」
「わかった」
サラはイゼルを見てからロバートを見て、再びイゼルを見る。
「・・・運べるか?」
「はい…」
聞いているゲイルにしてみれば、あまりにもおかしな会話だった。大の大人の男だ。起して自力で歩かせるのが普通だろう。
「シリィの隣のベッドまで運んでくれないか?」
「わかりました」言うとイゼルは立ち上がり、ロバートの首根っこを掴んで、引きずる体勢になった。
「…引きずっていくのか?」
「そうですが」
「起きないのか?」
「大丈夫です」
「そうか」
普通なら納得していいのか、と声をあげたくなるような会話だった。
実際、店の客の何人かは、イゼルがロバートの襟を掴んだのを見て、ぎょっとしたりしていたのだが、全く気にせずイゼルは歩いていってしまった。
時折、ゴツという鈍い音を響かせながら。

「――いつもあぁなのか?」
もどってきてカウンターに腰を落ちつけたイゼルに、サラが訊く。
「ロバートのことですか?」
「あぁ。あんな・・・ぱったりと」
「あれはね、疲れているんです。肉体的というよりは、精神的に」
口の端をかすかに笑いに引きつらせて、イゼルは答えた。
「あれでも新聞記者ですから」
「あれが?」
「主にゴシップと取材担当ですがね」
「成程…」
"ゴシップ"と聞いてサラが納得の声を上げる。本人がいれば文句を言っているところだろう。
「…そういえば、シリィはどうしてDr.を、兄、と?」
ふと思いついたようにサラは訊ねる。
「それは…私がそう呼んでも構わない、と言ったからでしょうね」
「言いたくないなら、はっきり言ってくれないか?」
サラの憮然とした返答に、イゼルは目を丸くして彼女を見た。
「あ、いえ。そういう訳ではなく…気に障りましたか?」
「…いや」
「理屈をこねるような話し方はやめろと言われるんですが……すみません。でも、私にもよくわからないんですよ。 あの子がそう呼んでくれる理由」
嘆息まじりにイゼルは言った。
「確かに書類上は兄にあたるのであながち嘘ではないんですね」
「・・・つまり?」
何を言われたのか、理解できないという顔つきでサラは訊く。
「私は、シリィの母の養子なんです…書類の上では、ですが」
「…昨日といい、今晩といい、ドクターはめちゃくちゃなことを言ってる気がする…」
「でしょう?私もそう思います」
明るい肯定を返され、サラは喉に苦い薬がひっかかった時のような、納得しきれていない、という顔をした。
「実家、と言ったでしょう?昨日の孤児院で。正確に言い直すなら、シリィの母親の実家なんです。私は"息子"として 彼女・・ の実家に出入りしているんですよ」
「・・・その実家の連中は、なぜあの子を引き取らない?」
「母親無しでは、無価値な行為だからです」
鋭さを含んだサラの言葉に、イゼルはいたって穏やかに答えた。
「私が言ったところで彼らは信じない。彼女の口から直接証言されない限り、シリィは孤児のままなんです。だから…その、私に向かって 怒らないで下さいね?」
話の途中から目元を険しくし始めたサラに、イゼルは曖昧な笑顔を向ける。
「…証言されないかぎり、とは?」
「実家の方々は、彼女・・ に一人娘がいたことしか知らない・・・けれど、 その少女が母の元から離されて孤児院で育ったこと、12歳になること、母譲りの金髪であること、シェルシーナという名、それら全て 知らなかった。だから、確証を持てない。シリィとその女性のつながりが本物なのかどうか。………けれど、彼女は…他人と話せる状態ではない」
そこまで言うと、イゼルはもうすっかりぬるくなった牛乳に口をつける。
「当事者が一番関わっていないなんて不思議ですよね」
サラは何か言いかけて、すぐに口を閉ざす。彼女の表情にわずかながらの困惑を見て取って、イゼルは心中で苦笑する。
「すみません。何だか、深刻になってしまいました」
「いや…牛乳いれなおすか?」
「あ、どうも」
そう言って、イゼルの笑みに明るさがもどったのを見て、サラは小さく息をついた。


20120123(20060927) writer 相棒・竜帝/深飛


LD TOP


inserted by FC2 system